第2回まめ祭(まさかここまで・・・)
  

  まずは第1回まめ祭をお読みください。

  

  節分の恐怖は瞬く間にサークル内に広まりました。

  翌年の節分では誰がターゲットになるかという恐怖がありました。

  俺は誰かの家にいれば、俺の家は平気という


  トンズラ作戦を思いつきました。


  

  そして、2001年の節分

  この年は普通に節分の日(2月3日)に祭がありました。

  後輩のGとAとで買い物に行き、

  Gの家でくつろいでいる時の話です。

  N先輩からGに電話がありました。

  N先輩「なぁ、G今家?

  G「はい、そうですよ、Aさんとごろうさんもいます

  N先輩「じゃぁ今からMと行くから。

  このとき俺は、うすうす感じていました・・・




  鬼の予感を






  5分後・・・ドアが開きます。




  N&M先輩「おにはぁ〜そと




  G「えっ?えっ?何するんすか?

  N「今日節分だから豆まき

  A「おもしろそう、蒔く蒔く



  もう誰にも止められません。



  今年は豆が多いです、なんと2袋もあります。

  鬼3人の犯行により、Gはかなりへこんでいます。


  キッチンの隅っこでしゃがんで





  今にも泣き出しそうです。





  あまりのヘコミっぷりには引いてしまうくらいです。

  「去年俺もJさんに蒔かれたから大丈夫だ」



  という俺のフォローも効果無しです。

  G「もう帰ってください(半べそ)」

  さすがに、鬼先輩達も引いてしまったのでみんなで掃除することにしました。

  俺は一人で掃除したのに・・・

  

  そして、掃除も終わって帰ることに。

  この瞬間年間行事に組み込まれた豆まきに対して

  G君が一言



  「来年の節分は誰かの家でまいてやる」



  泣きそうなのがすごく気になりました。

  彼は家で泣いていたのかもしれません


  ちなみに、蒔かれた人だけの悩み




  数ヶ月後に豆が出てくるとヘコム




  は彼もあとで言っていました。

  


  蒔かれた人にしか苦悩は分からないのです



  

  第3回まめ祭に続く